>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

フレンチレストランでのマナー!現役ホテルマンが教えるタブーまとめ

指 沈黙 サイレント
あつし

こんにちは、あつしです。

僕は現役ホテルマンで10年以上、料飲部(レストラン)で勤務しています。

ホテルには毎日たくさんのお客様がいらっしゃいます。何十人、何百人と来ていただきます。

僕の勤務しているレストランだけでも、100人前後いらっしゃいます。

それを10年以上も続けていますから、色んな人を見てきました。

ほんとにね、スマートな人もいれば、ちょっと『んっ?』な人もいます。

あつし

もう~それやっちゃダメでしょう、、、

っていうことが、いくつかあるんですね。そんなタブーをまとめていきます。

目次
  • 【いま、なんじ!】そうねラストオーダー過ぎてるね!
  • 【ちょっと我慢できませんか?】離席が多い
  • 【ここ、室内ですよ?】声が大きい&手をたたく
  • 【パートナーと楽しんでくださいね】挙動不審
  • 【それ、ほんとにタブー?】ネットで見かけるタブーに物申す
  • まとめ

【いま、なんじ!】そうねラストオーダー過ぎてるね!

えぇっとね、これは困りますね、、、

前もって電話してくれたりしたらいいんですけど。

連絡もなしに、30分とか1時間とか遅れてくる方いるんですね。

しかもラストオーダーを過ぎてから来る人がいるんですよ。

僕が経験した最大の遅れは、予約時間が14時で来店したのが17時。

あつし

お~い、もうディナーですよ~

、、、なんなんでしょう(笑)

しかも10名。なんでもね、集まりがあって、その進行がだいぶ遅れたんですって。

この方は逐一連絡はあったんですけどね。

「あと30分」「もういける」「ちょっと待ってね」「今でたから」とか言いながら3時間遅れ。

調理場さん、ブチギレでした、、、(;´Д`)

ブチギレで、お客さんの代わりに僕が怒られるんです。あぁやだやだ。

調理場さんって、料理をおいしく食べてもらいたいっていう気持ちだけなんですよ。

僕らサービス側は、お客さんの顔をたてるとか、融通をきいてあげるとかあるんですけど、調理場さんは違うんです。

自分の作った料理をおいしく食べてほしい。それだけです。

だからね、14時に来るって聞いてるので、その時間に最高の料理を出せるように準備をしているわけです。

それなのに、、ねぇ?3時間も遅れられたら、、、

【ちょっと我慢できませんか?】離席が多い

離席が多い。これもねぇ、ちょっと、、、少しでいいので、我慢してほしい。

例えば2人で来てたとするでしょ?カップルとかご夫婦で。

そうしたらね、基本は2人一緒に料理を出していくんですよ。

1人がいないからって、1人だけ料理先出してっていうのはよっぽどじゃないとしないんです。

例えば、お母さんが授乳行ってるから、先出してって言われたとかは出しますけど。

ん~そう、なので、席にいないと料理を出せないわけなんです

それでフレンチって、1皿の料理にかかる時間が長くて、、、

お皿を温めて、お肉焼いて、付け合わせ焼いて、綺麗に盛り付けて、ソース温めて、ソースかけて、仕上げにハーブとかスパイスをかけて、って。

そこのね、途中でいなくなって出せなくなると、この仕上げていた時間が無駄になってしまうんです。

時間たってしまうと、ハーブとかしおれちゃいますし、ソースも乾燥してしまったりするんで。

それで戻ってきてから、またやり直すんです。

たまに、戻ってきたら「あ、ごめんごめん、すぐ食べるからすぐ持ってきて。」っていう人いるんですけど、

あつし

、、、はい、、、仕上げてご用意いたします。

とは言いますけど、ちょっと時間かかっちゃうんですよね。

はいー、、、だからってずっと席にいろってわけじゃなくて。

お手洗いとか行きたくはなると思うんで。

そういう時は、どのタイミングでもいいんですけど、今出ている料理を食べ終わって、ナイフとフォークを右に寄せて、行ってください。

最悪のタイミングは、料理が席の近くまで運ばれてきた時の席立ちです。

あつし

後ろまで運んできたのに、そこで席たったら出せないじゃない、、、

お連れ様に、「こちらの分も出しておいてください。」って言ってもらえると、席にいなくても出せますけどね。。。

【ここ、室内ですよ?】声が大きい&手をたたく

うん、、、いますよね。

「がっはっはっはっはー、ねぇちゃーん!こっち持ってきてー!あんた痩せなたー!嘘やで!わーはっはっはっはー!」

いません?(笑)うちにはいるんですよ。

ほんと、その方が来られたらなるべく端の席に座ってもらいます。そして隣には、絶対ほかのお客様は案内しません。

ほんとにねぇ、、、

ホテルのレストランなんで、プロポーズをするお客様だっているのですよ。

緊張しながらね、いつ言おうか、どのタイミングで言おうか、よしっ今だ!

って時に、がっはっはっはっはっはーって、、、少しボリュームさげてください。

あと手をたたいてスタッフを呼ぶお客様もいるんですよ。

パンッパンッってね。そらね、ホテルのレストランだったら、お客様に呼ばれる前に気づく、目線で気づく、っていうのが理想ですよ。

でもね、完璧ではないんです。無理な時もあるんです。

例えば、ラストオーダーよりも遅れてきた人の接客に追われてる時とか。

(あぁぁ、、いやみじゃないですよ?)

そう、無理な時もあるんですね。そんな時にね、「すいませんッ。」だったら全然いいんですけど、手でね、パンッパンッって呼ぶわけですよ。

内心イラッとしながら(笑)でも、こちらが気づくのが遅かったのが悪いってのもありますから。

こらえるわけですね。それでも何回もパンパン手を鳴らして呼ぶ人もいるんで。

あつし

私はイヌですか?ポチかな?「ワンッ♡」ていくよ?

って、開き直って、すぐ行きます。

【パートナーと楽しんでくださいね】挙動不審

これはねぇ、難しいんですけどね。

ずっと周りをキョロキョロしてる人がいるんですよ。

隣のお客様が来たら、顔をじっと見たり、働いているスタッフを後ろ向きに頻繁に見たり。

隣のお客様の料理とかを見たりね。

やっぱりあんまりジロジロと見られるのって、気持ちいいものではないじゃないですか。

そうなんですよね、、、

でもね、難しいっていうのはどういうことかと言うと、スタッフに来て欲しいって時もあるんです。

特に海外のお客様です。欧州系のお客様は、絶対にスタッフを呼んだり、手をあげたりしません。

ジッとこちらを見てます。

何でも、海外ではそれが当たり前のマナーになっているんですって。

自分がお会計してほしくても、何分でも待っているそうです。

僕もまだ、そういうことを知らない時に、海外のお客様をサービスする機会があったんですね。

(英語はしゃべれませんので、笑顔とジェスチャーです(;´Д`))

それで、前菜を出した頃合いからずっとこっちを見てるんですね。

あつし

、、、なんかずっとこっちとか、周りを見てるな。嫌な感じだな。。

と、思っていたんですけど。

すっと近づいてみると、ワインを注文していただきました。

、、、ワインを注文したくて、料理に手をつけず、周りを見渡したり、こっちを見たりしてたんです。

すいませんでした。気がきかず。。

でもね、日本人の普通だったら、スタッフと目が合ったら手をあげたりするじゃないですか?

それもないので、分からなかったんです。じっと見てるだけ。

難しい、、、

そうだと思って、じっと見てくるお客様に、

あつし

何かお伺いしましょうか?

と尋ねたら、「いやいや、大丈夫。」とか言われるんで。なんなんでしょう。

周りばっかりきにせずに、ぜひとも、一緒にきているパートナーとの時間を楽しみましょう。

【それ、ほんとにタブー?】ネットで見かけるタブーに物申す

この記事を書く時に、レストランのタブーって調べてみたんですね。

そしたら意外にも、それってほんとにタブー?って思うようなことがありましてですね。

それが、パンでスープやソースをつけて食べるっていうタブーです。

あつし

それって、ほんとにタブー?(;´Д`)

って思いますね。

だってね、フランス料理って何で構成されているかと言うと、メイン食材と付け合わせとソースです。

料理を提供するときも、【食材】【調理法】【ソース】【付け合わせ】の説明をします。

それで、ソースって案外お金かかってます。

お肉の出汁、ワインやトリュフとか入ってるものもあるので、だから残さないで欲しい。

食材につけて全部食べてもらうのが理想ですけど、パンにつけてもらってもいいと思います。

僕のレストランでは、ビーフシチューを提供しているんですね。

それが、すごく濃いんですよ。そのまま食べたら濃すぎるくらいに。

だから、パンとかマッシュポテトにつけて食べてもらうように、むしろオススメしてます。

そういう食べ方で美味しさが引き立つ料理もあるってことです。

だから全部がダメってことはないんじゃないでしょうかね。

まとめ

今回は、レストランでのタブーをまとめてみました。

ただ、それこそTPOと言われる、「時間」と「場所」と「場面」をわきまえてもらって、すこーし気を使っていただければ大丈夫だとは思います。

基本的に、皆さんが楽しくすごしてもらうためにレストランはありますから。

あまりにもひどいと、注意しますよ?

それでは今回の記事も以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もよければどうぞ↓↓

花 おだまき 成功 起業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です