>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

現役ホテルマンが語る!リゾートホテルの仕事はきつい?楽しい?

森林 光 リゾート
あつし

こんにちは!現役ホテルマンのあつしです>>プロフィールはこちらから

僕は、10年以上ホテルで勤務しています。

普段は、200室くらいのシティホテルで勤務しているんですね。

でも、グループホテルが全国にあるので、出向とか転勤があるわけですよ。

僕も経験しました。

しかもリゾートホテル。

あつし

あぁ~、きつかった~、、

というのが、率直な感想、思い出です。(笑)

でもね、そこでも楽しかったこともありますので、今回はそんなリゾートホテルでの仕事について話していきますね。

目次
  • 【衝撃の涼しさ】日本の避暑地
  • 【はいっ?、、えぇっと、今からですか?】仕事がすんだら仕事だぜ
  • 【四面楚歌】オープン
  • 【沈黙のホテルマン】リゾートホテルの1日の仕事スケジュール
  • 【ご機嫌うるわしゅう】楽しいこと、きついこと
  • まとめ

【衝撃の涼しさ】日本の避暑地

えっとですね。

僕が行かせてもらったのがですね。

いわゆる日本の避暑地の代表的な場所でして、まぁ、東京から1時間くらいのところです。

7月中旬から9月末までの短い期間だけだったんですけどね。

開業オープニング応援という形で行きました。

到着したのが7月中旬でね、それでねぇ、

あつし

す、すずしい~、、いや、むしろ寒い?

そういう初上陸でした。

ほんとに、さすが避暑地と言われるだけあります。

標高が高いんですね、だから涼しい。

でも冬はとてつもなく寒いみたいですよ。というか痛いらしい。

だから、ホテルもそうですけど、飲食店とかも、冬は営業してないんです。

春から秋ごろにかけて営業して、冬は閉めてます。

誰も来ないんで。(笑)

【はいっ?、、えぇっと、今からですか?】仕事がすんだら仕事だぜ

さぁ、到着しました!

あつし

あっ!絶景かなぁ~!

山、自然、ホテル、って感じです。

あとまぁ、食べもの屋さんと、お土産屋さん。

もう、るんるんです。

初めての場所ですから、楽しいですよね。

着いたら、まず街中を探索して、顧客体験をしよう!って思ってたんです。

、、、それがですね。。

ホテルに到着して、荷物を部屋に置いてですね。

まぁ、制服を渡されるんですけどね。

えぇぇ、着替えてきてって、言われたんです。

あつし

ええ、えっ?サイズの確認?、、ん?え、今から?

オープンの前日に到着したんですが、着いてすぐ仕事です。

いやぁー、もうこっちのルンルン気分なんてお構いなしですよ。

あつし

お腹すいたー、どこで昼ご飯食べよっかな~♪

なんて思ってた矢先に、すぐ仕事ですから、ずっとお腹減りっぱなしで仕事してましたね。このやろう。

【四面楚歌】オープン

あのねー、でも理由が分かりました。

応援の僕が、到着してすぐに仕事してくれって言われる理由が。

ぜんっぜん、準備できてなかったんです。

いや、そこで働いている人が悪いんじゃないんです。

なんか、電気ケーブル?の配線がまだで、電気つかないとか、それによってテーブルもセッティングできないとか。

注文していた、お酒なんかが全然来ないとか。

ナイフ、フォークも前日に届いたばかりとか。

でも、そんなバタバタの中、社長も来ててね、社長1人ルンルンなんです。

それこそ、さっきまでの僕のような感じで。

たぶん現場の状況を詳しく知らなくて、、、とりあえずオープン前日でルンルンしてるんですよ。

あつし

おいー!ルンルンしてないで、手伝ってよー!

とは、思いましたけど。

いいんです、社長なんで。

あとね、ウェイティングスペースで、席数少ないですけど、バーを設けていたんです。

そう、バーをね。だからお酒を作らないといけないじゃないですか。

それでね、、考えてたんですよ。

『えーっと、カクテル作らないとだめなのか、メニューをチェックしよう。』って。

そしたらね、なんか、メニューまだ決まってないんですって!

あつし

えぇぇ!メニュー決まってないの~?!明日ですよ~オープン(;´Д`)

、、、決めましたよ。

即興で。

お酒もなんか、バラバラあるもんですから、そこにあるやつで作れるものをピックアップしてですね。

まぁね、カクテルはバーカウンター越しに「お任せで!」とか言われるんで、すぐ作れないとだめなんですけどね。

なんとか、”整える”ことはできたんで、オープンを迎えます。

【沈黙のホテルマン】リゾートホテルの1日の仕事内容

さぁ、オープンです。

もちろん、ここでもレストランを担当します。

リゾートホテルのレストランは初めての経験でした。

だから、もちろんリゾートホテルでの勤務体系を経験したのも初めてです。

ええっとね、沈黙です。

あつし

プライベートの会話をする暇がない、、、

まぁもちろん仕事の話はしますよ。

ただ、次の休みはどこいこうとか、昨日こんなことがあって、とかね。

そういったプライベートの話は、この時期僕の口から出てくることはなく、ずっと沈黙を守っていました。

沈黙を守っていうよりも、疲れ切ってしゃべる気力失ってました。

はい、仕事内容ですね。

では、時間別に見ていきましょう。

そうですね、スタンダードな1日を紹介しましょうか。

多忙日を紹介しようと思うと、

あつし

ぎゃーー!!

ってなるんで、、、はい。スタンダードでいきましょう。

6時30分 出勤

7時 朝食会場オープン

10時 朝食終了 片付け&夕食の仕込み

12時 中抜け(休憩)

16時 夕食準備

17時 夕食オープン

21時 夕食終了 片付け&朝食の仕込み

22時 終了

あつし

いや、、ながい!(;´Д`)

どれだけ働くんですかね?

確かにね、この期間の残業時間はとんでもなかったと記憶しています。

恐らく、100時間超えていた、、、(;´Д`)

、、、まぁ、これがスタンダードですよ?

あのねぇ、途中からランチもスタートしてね、、、予約限定ですけどね。

今まで、中抜けしていた12時~16時にランチが入ってくるんですよ。

あつし

朝6時から、夜の22時まで、、、ちょっときついー!

、、、そうですね、、オープンしたての体制が整っていない時はそんなもんですかね。。。

【ご機嫌うるわしゅう】楽しいこと、きついこと

それでもね、少しずつ落ち着いてくるわけですよ。

体制も整ってきて、スタッフも増えてきて、オペレーションも安定してくるんです。

そしたら、やっとね、やっとですよ、リゾート地での休日を満喫できるんです。

楽しいこと

あつし

いやぁ、楽しかった~

大自然を満喫するんです。

森の中にカフェがあったりね、別荘地があったり、夜はバーにいったり、美味しいフレンチにいったりですね。

キノコ料理専門店なんかもあってね、コース全部にキノコが入ってるんです。

ホント、激ウマでした。

この休日の充実があったからこそ、頑張れたと思います。

なんかねぇ、大自然を満喫しすぎて、1人ヨガを始めて、ヨガマットを探し始めたくらいですから。

(ヨガマットは見つかりませんでした。)

僕が今でもカプチーノ好きなのは、この時期に、森の中のカフェで飲んだカプチーノがときめくほどに美味しかったからです。

あとは、行きつけの居酒屋さんもできまして、そこは仕事終わりでもよく行きました。

このリゾートでの勤務が終わるときに、なぜかその居酒屋で号泣して、店長と写真撮ってました。

号泣中↓↓

号泣 居酒屋 送別会
あつし

なんでやねん。

きついこと

えぇ、辛かったことも、もちろんありますとも。

それは、リブインでずっとホテル住まいだったので、拘束されっぱなしだったことですね。

リブインって、スタッフがホテルに泊まって勤務することを言うんですね。

勤務が終われば、部屋に戻る。

勤務時間になれば部屋から出てくる、っていう感じで。

休憩も、終わっても、休日も、出かけない限りホテルの部屋にいるんですよ。

しかも、出かけようと思うと、ロビーを通らないといけないので、誰かに見られるわけです。

次の日に、「昨日はどこ行ってたの?」とか聞かれるわけです。

あつし

あぁ、ちょっと。。(ほっといて欲しい!)

って思いません?

ほんとに、、、あぁでもね、一番厄介なのがね。

部屋に電話かかってくるんです。

「あのー、昨日のこれ、どういう感じだったの?」

「昨日のお会計、これなんだろう?」

って、、、でも、もっと言えばね。

「ごめん!今日夜、バーにお客様が来たいらしくて、ちょっと手伝ってくれない?」

これですよ、、、

あつし

あぁ、、もう夜は出かけようと思っていたのに、、(;´Д`)


リブインあるあるです。

『あいつの部屋に電話したらいいんじゃね?』って思われているんです。

まとめ

リゾートホテルの勤務はきついです。

その中でも、時間的な拘束が一番つらいです。

もちろん休みや休憩もありますが、気持ちも体もずっとホテルにあるので。

なんだかこう、意識をリフレッシュするのが難しいですね。

でもね、最後なんで、ポジティブなことを言って終わろうと思いますけど。

ビジネスホテルやシティホテルと違って、リゾートホテルって、お客様が皆さんすごいワクワクしてるんです。

だって、旅行中ですから。

ほんとに、とっても楽しんでいる最中なんですね。

いわゆる、旅行気分でいらっしゃるんです。

そういったお客様を接客するのは、こちらも非常に楽しいです。

お客様の旅行に、”華”を添えることができるので、とても楽しいです。

『旅行が好き』という理由で、ホテル業界に入った方には、向いているかもしれませんね。

以上です。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

またお気軽にコメントくださいね。

こちらの記事も良ければどうぞ^^

ホテルマンが勤務外で月16万 稼いだ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。