>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

せどりを始めるために必要な資金の目安|資金の作り方も紹介!

あつし

こんにちは、現役ホテルマンのあつしです!>>プロフィールはこちら

僕は2020年6月~2021年2月までの9ヶ月間、電脳せどりに挑戦しました。初月から売上を積み重ね、ずっと拡大傾向で運営していました。

ちなみにこちらが開始から半年の結果です。月商67万、粗利10万。

売上実績画面 Amazon 2020年11月 月収10万円

7ヶ月目。月商108万、粗利12万。

8ヶ月目。月商108万、粗利16万。

Amazon販売実績画面 2021年1月 月商108万円月利16万円

とまぁ、副業ながら連続して粗利10万を超すことにも成功しています。そんな僕が、せどりを始めようと思っている人に必要な資金はどのくらいなのか、考え方や資金の作り方も含めてご紹介していきます。

✅せどりを始めようと思っているが、どのくらいの資金が必要か分からない人

✅赤字のリスクが怖くてなかなかスタートが切れない人

そんな人は必見です。

資金の目安

せどりを始めよう!そう思ったが、どのくらいの資金が必要なのか不安ですよね。やり始めてから資金が足りなくなって、せっかく軌道に乗ってきたのに、資金不足のせいで拡大できない可能性もあります。

今回は、せどりを始めるための資金の目安と考え方をお話していきます。

クレジットカードと現金を用意

あつし

両方あれば、安心!

まず、せどりをするにはクレジットカードは必須です。仕入れは全てクレジットカードで行います。ポイントも付いたりお得がいっぱいなので。

ただ、クレジットカードだけではなく現金の用意も必要です。キャッシュフローが多少のマイナスになったときに補わないといけませんので。

いくらあれば始められるのか?

極論を言ってしまえば、10,000円もあれば始められます。例えば、100円の本だと100冊仕入れることができるからです。(※その他送料などの諸経費は掛かりますが。)

ただその場合、売上も利益も雀の涙ほどのものでしょう。だからそういう意味で必要資金を考えるのではないですよね。きっと目標の売上や利益があって、せどりを始めようと思っているはずです。

月3万くらい副収入が欲しいな、とか。月10万は稼ぎたいぞ!とか。とりあえず1万円だけでもいいから稼いでみたい、とか。

だからあなたの稼ぎたい金額によって、準備する資金額は変わりますが、目安をお伝えしていきますね。

目標粗利5万円の場合の準備資金

あつし

よーし!目標の粗利を5万円にしよう!

と設定したとします。

僕の場合の粗利5万達成は、2020年8月でした。6月スタートなので、開始から3ヶ月目になりますね。月商54万円、粗利6万円です。利益率が11%と少し低いですが。

Amazon売上画像 粗利6万円

月商50万だと利益率10%で粗利5万ですよね。では、月商50万を売り上げるために必要な資金を計算してみます。

売値が5,000円の商品を3,500円で仕入れて販売すれば、粗利10%(500円)になります。では月商50万、粗利5万円超すには、それを100個仕入れて販売すればいいわけです。

つまり粗利5万達成するための仕入れに必要な資金は、3,500円×100個=35万円。ということになります。もっと利益率がよい商品だったら、仕入れ金額が少なくてもいけますが。

カード枠35万円あれば、単月月商50万粗利5万は達成可能です。

もう1つ、現金をいくらくらい持っておいた方がいいのかという疑問ですよね。今回の場合は10万くらいあればいいです。

カード枠35万を使って仕入れをして、どんどん販売していきますよね。カードの支払いは翌月25日とかなので、最大60日くらいスパンがあるわけです。だから販売していって売上金で支払いはできます。

でも売れ行きが悪かったり、少し寝かした方が相場があがりそうな商品とかもあったりするので、支払いまでに全部が売れているとは限りません。その場合は、準備しておいた現金で立て替えておきます。

35万の仕入れだったら、現金10万もあれば十分支払いの立て替えは間に合いますね。あとは売上金でOKです。

それでも、不安な方は仕入れで使った金額を一旦全部払えるくらいの現金を用意しておくのもリスク回避としてはいいかもしれません。

1番やってはいけないことが、クレジットカードの支払いができなくてカードが使えなくなることですから。これには注意が必要です。

注意!カード枠は支払いが終わってから戻る

ここで1つ注意点があります。カード枠が35万あれば月商50万、粗利5万は達成可能とお話ししました。だけど、それを複数月に渡って継続したいと考えた場合は、そのカード枠では足りません。

なぜかというと、カード枠は月が変われば戻るというわけではないからです。クレジットカードを日常的に使っている人だったら理解していると思いますが。

仮に35万のカード枠があったとします。1日~31日までで35万仕入れで使うでしょ。それで、翌月の1日になるじゃないですか?「さぁ今月も仕入れだ!」と思っても、使えません。

先月の35万の支払いが終わっていないからです。翌月の25日払いとかなら、25日に35万円の支払いが終わった時に、35万のカード枠が復活します。

そうなると継続して取り組んでいくなら、カード枠は多いにこしたことはないですよ。会社員の方だったら枠は増やしてくれやすいでしょうし。継続するなら70万あれば粗利5万は継続できます。

だけど慣れてきたら普通に拡大できるので、カード枠100万くらいは持っておきましょ!

あつし

カード枠は上げれるところまで、上げておきましょう!

せどりの為の資金の作り方

カード枠70万と現金10万で、継続して月商50万、粗利5万は達成できるとお話ししました。では、その現金10万の資金の作り方を少しご紹介しますね。

少しでもあなたのせどり資金の足しになればと思います。

あつし

参考程度に!

不用品販売

自宅にあるいらないものを、どんどん売っていきましょう!不用品の販売です。

メルカリ、ラクマ、ヤフオク、ペイペイフリマ、何でもいいですがメルカリが1番メジャーですし、使っている人も多いのでオススメします。

フリマサイトで不用品販売をする意味は、せどりの資金の足しにすること以外にもあって、それは、”インターネットで物を売る”ということに慣れるということです。

せどりもインターネットを使った販売の仕組みなので、まずそういう環境に慣れましょう。意外と自分が不要なものでも、世の中に必要としている人がいるんだということの実感にもなります。

僕も初めて経験した時は衝撃でした。メルカリに本を出品したんです。そしたら1秒後に購入されたんです!

あつし

えッ!もう売れた!

いやー、ビックリでしたね。インターネットの凄さを改めて実感しました。インターネットに繋がっている限り、いつでもお客様は目の前にいると感じた瞬間でした。

自己アフィリ(セルフバック)

自己アフィリってご存じでしょうか?セルフバックともいうのですが、インターネットを使ったお小遣い稼ぎとして聞いたことがあるかもしれません。

そもそも、アフィリエイトはご存じでしょうか?

インターネットを使った、成果報酬型の広告のことなんですね。ブログやSNSなどで商品紹介をして、そこから購入した人がいればその分の報酬が発生するというビジネスなんです。

それを自分に対してできるのが、自己アフィリエイトなんです。

あつし

人にではなく、自分に対してできる!

つまり、人に紹介した成果としてもらえる報酬を、自分に紹介したとしても貰えるというものです。

もちろん、公式に認定されてるものであって違法ではありませんのでご安心を。

例えば、こんな感じ↓

afb自己アフィリ

別の分はこんな感じ↓

合計7万くらいですね、ゲットしたというわけです。リスク0です。せどりの資金の足しにと考えれば大きい額です。まだしたことない人はぜひ挑戦してみてください。

種類は色々ありますが、クレジットカードの作成とか、FXの口座開設とかが多いですね。

資金の流れを公開

僕が月商100万達成したときの状況を参考までにお見せします。

2020年12月に月商100万達成したんですね、一応もう一度↓

あつし

この時のお金の流れを大公開!

2020年12月に月商100万ということは11月に仕入れをしている商品も販売しているわけです。その後ろも一緒で12月に仕入れをして1月に販売してる商品もあります。

なので、前後も含めて、合計3ヶ月のキャッシュフローを見てください。どうぞ↓

銀行口座 11月~1月キャッシュフロー

※12月&1月はカードをもう1枚使って、これ+10万ずつの仕入れをしていました。

11月の段階で口座にも現金が残っていましたから、赤字にはなっていませんよ。見てもらったら分かる通り、支払いよりも入金が多くなってますので、キャッシュフローが健全です。

軌道に乗って拡大傾向になれば、こんなお金の流れになっていきます。

せどりを開始した時の資金状況

では、始める時はどんな資金状況だったか?

クレジットカード枠130万、現金30万です。

もちろん、初月からカード枠をいっぱい使うことはありません。リサーチを継続して、利益を取れる商品を沢山扱うようになってから、仕入れ金額も大きくなってきます。

最終的には、ひと月に70万くらい使って仕入れをしていました。70万の支払いが継続してあるって今までの人生で経験したことがなかったので、支払い日と売上入金日を何度も確認しながら運営を行っていました。

万が一の時は支払いができるお金を考えておく

支払い日と売上入金日をしっかりチェックしていても不足の事態というもの、急にきたりします。例えば、アカBAN。アカウントが一時的に、または継続的に停止してしまうことがあります。

僕も経験済みです↓

アカBAN Amazonセラーセントラルページ

あつし

ぎゃー!!

もうね、ほんと急ですよ。急にアカウントが使えなくなってしまうんです。こうなると、売上金を入金してくれないんですよ。

仮に、支払いが70万あったとしても入金してくれません。こっちの支払い状況なんてAmazonには関係ないですからね。だから、いきなり爆発的に売上を拡大していくのは、こういった面で少し怖いかもしれませんね。

こんな万が一の時のために、せどり用資金とは別に支払いができるお金があれば安心ですよね。例えそれが生活資金として貯金していてるものとしても、一時的に使っても大丈夫なお金です。

アカウントが復活したら元通り売上も入金されるので、カードの支払いさえ遅れないようにすればOKです。復活して売上入金されれば、それを貯金の方に戻したら大丈夫です。

そう考えると、徐々に拡大していくのがリスク回避とも言えますね。地道に現金を貯めつつ、キャッシュフローを健全に運営していく。

まとめ

せどりを始めるために必要な資金の目安。

月商50万、粗利5万を単月で目指すならカード枠35万、現金10万です。月商50万、粗利5万を連続で目指すなら、カード枠70万、現金20万がオススメです。

せどりは資金ゲームと言われます。資金やクレジットカード枠が多い人ほど、結果を残せる規模が大きくなります。

資金が多いほど、それほど仕入れる商品が多くなり、結果的に多くの売上を上げれるからです。また、資金に余裕がありキャッシュフローが悪くても耐えれる状態だったら、商品を寝かす戦略も取れます。

例えば、【冬服を夏に安く仕入れて、冬に高く売る】のようなことができます。しかし、キャッシュフローがギリギリの状態だったら、すぐにでも商品をお金に換えないといけませんので、利益が低くても早く売る必要があります。

つまり、資金が少ないと寝かせる戦略もとれません。そう考えると、どんどん拡大していった方がメリットが沢山あるビジネスだということも分かりますね。

では、今回はこれで以上です。最後まで読んでくださりありがとうございます。せどりを始める人の参考になれば幸いです。

おまけ

あつし

あつしの30秒プロフィール!

高校の時に読んだ本をきっかけにホテルマンになることが夢に!

そして、いざ就職!

しかーし、月250時間以上の労働の現実…

なんとか10年以上継続も、管理職になりさらに精神的に追い詰められ、長時間労働で体にもガタが…

あつし

こんな生活が続いて、心と体は健康なままでいれるのだろうか?

あつし

これから家族と満足いく時間を過ごすことができるのだろうか?

そんな悩みがずっと心にある中、出した結論。

いつでも会社を辞めれる準備をしておくこと!

そして、パソコンを購入し、在宅ワークを開始!

だけど…プログラミング、動画編集に挑戦するも、全く結果を出せず。

会社員での10年間の生活は、個人で稼ぐためには全く役にたちませんでした。

しかし、ふと出会った動画をきっかけに学んで、実践後半年で10万を稼ぐことに成功!

その後も継続して結果を出し、最高月商108万、粗利16万を達成!

ホテルマンの勤務外での時間で、ホテルマンの初任給と同じくらいのお金を稼ぐことに成功した僕ですが、個人で稼げるようになって手に入れたものはお金以外にもあります。

それは、”会社を辞めても生活していける”という精神的余裕を手に入れたことです。

詳しくはこちらの記事からどうぞ↓

ホテルマンが勤務外で月16万 稼いだ方法

不安定な世の中で、自分の将来の選択肢を、自分の手で掴んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です