>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

ホテルでの感動エピソード|ホテルマン勤務10年の僕が体験した物語

ホテルでの 感動エピソード 結婚 プロポーズ 
あつし

こんにちは、あつしです>>プロフィールはこちら

僕は現役のホテルマンで、10年以上料飲部(レストラン)に勤務しています。

正直言って、かなり大変な仕事です。

サービス業の中でも、かなり上質で丁寧な接客を求められます。

何か不手際があると、「ホテルなのに、、、」「ホテルだから安心していたのに、、、」ということになります。

「ホテル」というだけでお客様も安心しているんですよね。

だけど、僕らも時には失敗します。

失敗エピソードも良ければどうぞ↓↓

失敗 ミス ホテルマン あるあるすぎる大失敗

失敗しても、怒られても、10年以上も現役で頑張れているのは、素敵なお客様との出会いがあるからにほかなりません。

今まで、本当に沢山のお客様と出会ってきました。

1日で50名~100名のお客様と出会います。

もちろんヤバい(?)お客様も沢山いますが、素敵なお客様も沢山います。

ヤバい(?)お客様のことも書いてますのでどうぞ↓↓

変わったお客様 変な客 ホテルマンの暴露
あつし

うぅー、お客様、、、勘弁してください、、、

はい。

今日は、素敵なお客様との出会いを書いていきます。

あつし

いつも、ありがとうございます^^

プロポーズ成功、そして僕の名を

結婚 心臓 結婚式

ホテルのレストランでプロポーズをされる方って沢山います。

半年に1組くらいはいらっしゃるんですね。

あつし

素敵です~。

それで、この時もプロポーズを考えている男性の方が下見にいらっしゃったんですね。

25歳くらいですかね。

食事をするだけではなくて、何かサプライズをしたいっていう希望だったんです。

すっごく一生懸命で、「彼女のことを大切にしていきたい」「自分の気持ちをまっすぐ伝えたい」という想いがヒシヒシと伝わってきました。

はい、そんな風に来てくれたんです、応援したいですよね。

『絶対成功させたい』『2人揃って喜んでいる顔を見たい』僕も自然とそう思いました。

すぐに、ホテルの婚礼部門のマネージャーと連携を取り始めました。

色々と3人でアイディアをだしました。

すぐには決まらず、日程を改めて打ち合わせをしていきました。

そして、プランが完成しました。

あつし

うん、これは良さそう!

みんな納得です。

ホテルにチャペルがあるんですが、そこに彼女を呼び出してプロポーズするというものです。

はい、詳しい作戦はこうです↓

①まずレストランでフレンチのフルコースを食べます。

②メインディッシュまで食べたら、彼氏はトイレに行くといってチャペルに行きます。

③チャペルに彼氏が到着したら、婚礼部門のスタッフから僕に連絡が入ります。

④僕が、彼女をさりげなくチャペルまで案内します。

⑤そこに指輪をもった彼氏がいます。

⑥そして、2人きりになったところでプロポーズ。

⑦成功したと仮定して、レストランに戻ってきて、2人に花束を渡して記念写真。

あつし

完璧です!

はい、3人で何日も打ち合わせしたので、プランは完璧です。

不安なことがあるとすれば、彼女は何も言わずにチャペルまでついてきてくれるのか?ということ。

それともう1つ(こっちの方が不安)、当日このカップルの近くに変なお客様が来ないか、ということです。

もちろん、このカップルのために1番いい席を用意してますが、、、

が、です。

大声で「L!O!V!E!投げキッス!」とかいうおじさんが来たら雰囲気ぶち壊しです。

あつし

ちょっとだまってー!!

ってなります。

当日もギリギリまで迷ってました、、もしあのおじさんが来たら「満席です!」って言って断ろうか、と。

そんな不安な気持ちを抱えたまま当日を迎えました。

あつし

あぁ、緊張してきた~

2人でご来店されました。

いい雰囲気のカップルです、おしとやかで芯の強そうな彼女。

年上彼女さんです。

1番良い席にご案内して、食事を進めていきます。

雰囲気を盛り上げるために、一生懸命、誠実に、落ち着いたサービスを心がけます。

こちらがテンション上げ過ぎても、2人が引いちゃいますから。

順調です。

うるさいおっちゃんも来ません。

いや、むしろ上品でおとなしそうなお客様を、このカップルの周りに固めていきます。

よしよし。

さぁ、メインディッシュを食べ終わりました。

彼氏がチャペルへ移動します。

僕も緊張してきたので、緊張をほぐすためにちょっとビールをテイスティングします。

連絡が入りました。

「彼氏がチャペルに到着しました。」

よし、彼女のもとへいきます。

あつし

あの、彼がお呼びなので、少しついてきてもらっていいですか?

「えっ?」と少し驚いたものの、すぐ理解したかのように、ついてきてくれました。

チャペルは違う階にあるので、エレベーターで移動します。

その間も変なことは言えませんので、

あつし

食事はいかがでしたか?

と、なるべくリラックスしてもらうように会話をします。

そして、チャペル到着です。

扉をあけると、彼が1人で待っています。

あとは2人きりで彼がプロポーズの言葉を伝えるだけです。

僕と婚礼スタッフはチャペルの扉の向こうで待機。

そして、少しの時間が経ち、こっそり扉のスキマから覗いてみると、

「○○さん(←僕の名前)!やりました!」

あつし

やった!おめでとうございます~!

無事成功です!

そのあとも、レストランに戻り2人の時間をゆっくりと過ごしていただきました。

あつし

おめでとうございます!

ほんとに、こちらまで嬉しくなりますよね。

プロポーズ成功したときに、僕の名前を呼んでくれて喜びを伝えてくれる、ホテルマンとしてこの上ない喜びです。

2時間かけて応援に、カクテル全国大会

応援 観衆 イベント

これはお客様からしていただいて、嬉しかった話です。

入社して5年目の頃でしょうか、バーテンダーの仕事をさせてもらっていたんです。

当時、人員不足のため応援という形で始まったのですが、そのまま継続して勤務し続けることになっていました。

やるからには頑張りたいという思いがあるので、勤務が終わってから練習していました。

ただ独学だったらやはり厳しいので、先輩に教えてもらって練習していたんですね。

あつし

あぁ!カクテル爆発した~

と、お客様の前でカクテルシェーカー落としてぶちまけてしまったこともあったりするんですね。

こちらに詳しく書いてます↓↓

失敗 ミス ホテルマン あるあるすぎる大失敗

こんな、恥ずかしい思いをしながら、少しずつ練習を重ねていきました。

それでね、バーテンダーにも大会があるんです。

お酒のメーカーさんが主催したり、バーテンダー協会が主催したり。

それに出場しまして。

なんと、予選突破しました!

あつし

やったー!

嬉しさ爆発でした。

こう、何者でもなかった自分が少し認められた気がして、、、

そうです。予選突破から、全国大会まで1ヶ月くらい時間があるんですね。

それで、やっぱり嬉しいんでお客様にも言うじゃないですか?

あつし

予選突破したんです!ぜひ、飲んでください!

オススメもしますし、会話ネタにもします。

そしたら、お世話になっているお客様がですね、

「おぉ!おめでとう!応援いこうか!」って言ってくれて。

遠いんですよ、僕のホテルから2時間くらいはかかるところが会場だったんですけど、来てくれるって言ってくれて。

ほんと感謝でしかないです。

当日も来ていただきました。

まぁ、ただ全国大会の雰囲気とプレッシャーに圧倒された僕の結果は言うに及びません。

あつし

、、、いいところを見せれなかった。

応援は来てもらったのですが、よい結果は見せれなかったですね。

むしろミスばかりで、、、

それでもね、ねぎらいの言葉をかけてくれて笑顔で接してくれました。

それで、僕も救われました。

あつし

もう大会とかじゃなくて、目の前のお客様を1番に仕事をしていこう!

そうも思わせてくれる出会いでした。

ほんとに、お客様との出会いに心が救われた、大事なものを気づかせてくれた物語でした。

食事の最後、いつも涙

赤ちゃん 泣く 悲しみ 行きたくない

これは感動というより、お客様との縁のお話です。

これはですね、僕が1年目の時に出会ったお客様との話です。

75歳のご夫婦との出会いです。

当時、僕はフレンチレストランで勤務していました。

こちらのご夫婦は月に1度はディナーに来てくれていたんですね。

リピーター様なので、名刺を渡してご挨拶をするんです。

あつし

こんばんは、○○と申します!よろしくお願いします。

それから、色々とお話をしながら、親しくさせていただきました。

僕のちっさな相談にも乗ってもらったり、時には食事に連れて行ってもらうこともありました。

自宅にお邪魔して、すき焼きをごちそうしてくれたこともあります。

あつし

美味しかった~

とても、可愛がってくれました。

親しくなっていくと、ご家族の話も聞くのですが、、、

実は、昔に息子さんを病気で亡くしていたみたいなんです。

1人息子さんで結婚もしていて、お孫さんもいたそうなんですが、、、、

はい、、でも、息子さんの奥様には、

「気を使わずに、良い人がいれば新しいパートナーを見つけて。」と言っていたので、再婚されたそうなんです。

、、、はい。

そうすると、お孫さんにはお母さん、お父さんがいて、おばあちゃん、おじいちゃんもそれぞれいるわけなんです。

だったら、このご夫婦がお孫さんと会ったら、”変な気を使わしてしまう”という理由で、会わないと決めたそうなんです。

あつし

辛いけど、相手を思った決断だったんですね

僕は同じ立場になったことがないので、なんとも言えないですが、、、きっとすっごく寂しいですし、色々複雑な想いが心にあるはずですよね。

でも、その方がお孫さんにとって幸せになると、ご夫婦で決断したことなんですよね。

、、、それで、ちょうどそのお孫さんの年齢が僕と同じくらいなんですって。

だから、きっとお孫さんのようにご飯ご馳走してくれたりしてたんですね。

あつし

、、、はぁ、仕事大変なんですー

とか、悩みを聞いてもらってたりもしました。

すごく真剣に聞いてくれて、アドバイスもくれました。

薬局を何店舗か持っていて、会長さんでもあったので、経験はすごく豊富です。

、、、でもね、いつも食事の終盤、もうすぐ帰るという時間になると、目には涙がうっすらと浮かんでいました。

お別れの時間は、皆寂しいものですよね。

あつし

また、ご飯一緒に食べましょう!

そう約束をして、その日は解散します。

決して、お孫さんの代わりになることはできません。

だけど、レストランに来てもらった時間を楽しんでもらったり、会話をしたりすることで、少しでもお客様の時間に彩りを添えることができれば、ホテルマンとしても嬉しいことです。

これも出会いから生まれるお話でした。

まとめ

ほんとに、何度も言いますが、ホテルには沢山のお客様がいらっしゃって、沢山の素敵な人との出会いがあります。

そんな方々のおかげで10年以上もホテルマンを継続することができています。

時には励まされ、時には感謝されます。

しかも目の前にその感情をもったお客様がいます。

ダイレクトにお客様の反応が分かります。

楽しんでくれていたら、こちらまで楽しいですし、悲しそうだったら、こちらまで悲しくなる。

そんな素敵で感動したエピソードを今回はご紹介させていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう。

おまけ

あつし

あつしの30秒プロフィール!

高校の時に読んだ本をきっかけにホテルマンになることが夢に!

そして、いざ就職!

しかーし、月250時間以上の労働の現実…

なんとか10年以上継続も、管理職になりさらに精神的に追い詰められ、長時間労働で体にもガタが…

あつし

こんな生活が続いて、心と体は健康なままでいれるのだろうか?

あつし

これから家族と満足いく時間を過ごすことができるのだろうか?

そんな悩みがずっと心にある中、出した結論。

いつでも会社を辞めれる準備をしておくこと!

そして、パソコンを購入し、在宅ワークを開始!

だけど…プログラミング、動画編集に挑戦するも、全く結果を出せず。

会社員での10年間の生活は、個人で稼ぐためには全く役にたちませんでした。

しかし、ふと出会った動画をきっかけに学んで、実践後半年で10万を稼ぐことに成功!

その後も継続して結果を出し、最高月商108万、粗利16万を達成!

ホテルマンの勤務外での時間で、ホテルマンの初任給と同じくらいのお金を稼ぐことに成功した僕ですが、個人で稼げるようになって手に入れたものはお金以外にもあります。

それは、”会社を辞めても生活していける”という精神的余裕を手に入れたことです。

詳しくはこちらの記事からどうぞ↓

ホテルマンが勤務外で月16万 稼いだ方法

不安定な世の中で、自分の将来の選択肢を、自分の手で掴んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です