>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

ホテルスタッフに向いている人、向いてない人|現役ホテルマンが解決方法まで解説

犬がバラをくわえている ハートの雲 
あつし

こんにちは、あつしです>>プロフィールはこちら

僕は現役ホテルマンで、10年以上料飲部(レストラン)に勤務しています。

ホテル勤務の楽しさ、大変さは沢山の経験から理解しています。

特に接客業なので、沢山の人と関わる仕事です。

人とうまく話したり、コミュニケーションをとらないと仕事になりませんよね。

でも、人間ですからその日の体調や気分によって要望も様々です。

あつし

お客様、、それはできかねます、、

なんて無茶な要望もあります。

ホテルマンはお客様に喜んでもらうことがやりがいだという人が多くいるはずです。

そんなホテルマンも無茶ばかり言われると、精神的に落ち込んで、「向いていないのかな?」なんて思ったりするかもしれません。

そんな悩みを持ったホテルマン、、、

そう、あなたに向けて今回は書いていきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

悩みを解決できるきっかけになれば幸いです。

目次
  • ホテルスタッフに向いている人
  • ホテルスタッフに向いてない人
  • ホテルスタッフに向いてない人の解決方法

ホテルスタッフに向いている人

まずホテルスタッフに向いている人ですが、

  • 接客業が好きで、目の前にいるお客様の喜ぶ顔が見たい、その時にやりがいを感じれる
  • 旅行、外食などお出かけが好き
  • 体力がある、精神力がある

この3つが挙げられると思います。

まぁ、それこそ慣れというものはありますから。

この3つに当てはまらなくとも、ずーっと継続していれば意識せずともできるようにはなるとは思います。

ただ、今回は「ホテルマン、向いてる?」と悩んでいる人に書いています。

はい、この3つが当てはまれば、向いているでしょう。

あつし

大丈夫!向いてるよ~

接客業が好きで、目の前にいるお客様の喜ぶ顔が見たい、その時にやりがいを感じれる

ホテルといえば、接客業ですから。

やはり接客が好きで、お客様が喜んでいたり楽しんでいる姿を見ることがやりがいになる。

それはとても素晴らしですね。

あつし

素敵です!

旅行、外食などがお出かけが好き

ホテルをご利用する人は、旅行に来ているか、食事に来ているかが多いですよね。

(出張も多いですが、、、)

だからお客様の気持ちに寄り添うためには、自分も顧客体験をしないといけません。

お客様の立場になって、楽しんだり、残念だったりした経験が自分の接客にも活きてきます。

ただ、お客様として接客される側の喜びと、接客する側の喜びは違うので、注意が必要です。

体力がある、精神力がある

あつし

精神力、、、?

そうですね、ホテルってきらびやかなイメージですけど、働くスタッフは体力的にも精神的にもハードです。

接客業なので、立って動き回って、笑顔でお客様の要望に応えるために走り回っています。

その為、体力は当然必要です。

あと精神力ですが、これもやはり接客業の大変なところです。

様々なお客様が来るなかで、皆様に喜んでいただける接客をしなければなりません。

人それぞれ、喜んでくれるポイントが違いますから、集中してお客様のことを考え続けなければなりません。

それこそ、人間って感情の生き物なので、その日の気分で要望も変わります。

あつし

前と言ってたこと違う、、、

そんなお客様もいらっしゃいます。

気分によって、違うんですよね。

そのお客様の気分に合わしていかないといけない、精神力が必要です。

ホテルスタッフに向いてない人

あつし

はぁ、、、自分ってホテルマン向いてない?

そう不安に思ってしまう時ありますよね。

お客様に怒られたり、上司に怒られたりしたときなんて特に。

辞めたくなる気持ちも出てきますよね。

分かります。僕も沢山経験してきました。

こう思ってしまいませんか?

  • 本当は、人と話すのが好きじゃない?
  • 旅行とか食事、行くのは好きだけど、、提供する側は、あんまり興味なかった?
  • あぁ、メンタルやられた

と、不安な気持ちになるときがあります。

向いていないというよりも、「向いてない」と思ってしまうほどうまくいかないときがあるんです。

本当は、人と話すのが好きじゃない?

あつし

あれ、、おかしい、、全然楽しくない、、、

ありますよね。

あれだけ楽しかったお客様との会話が、、、、

例えば、すっごくお客様から怒られた翌日とか。

あつし

、、、絶対、自分悪くないし、、、しかも人格否定まで、、、

っていうこともあるんです。

なんだか、嫌がらせといいますか、八つ当たりみたいなことを言ってくるお客様っているんです。

そんなことがあった日や翌日は、今まで楽しかったお客様との会話が怖くなります。

ちょっと変わったお客様のことも書いてますので良ければ↓↓

変わったお客様 変な客 ホテルマンの暴露

旅行とか食って提供する側は、あんまり興味なかった?

ありますよね。

旅行とか外食は自分が行く分には、すごく好きだけど、、、提供する側はそんなに好きじゃなかったんじゃないかという不安。

あぁ、メンタルやられた

ほんとにね、モンスタークレーマーと思えるお客様もいますし、、、、

あつし

なんであんなに詰められないといけないんだ、、、

ほんと、こんなにも怒られるものなのかと思うほど怒られる時もあります。

逆に、困ったお客様に手を焼くときがあり、そういう場合もこちらのメンタルやられます。

実際にホテル側や他のお客様に迷惑をかけて、出禁にしたお客様のことも書いてますので、良ければどうぞ↓↓

出入り禁止 出禁 禁止マーク 白地に赤マーク 出禁 ホテルを出禁になったお客様

ホテルスタッフに向いてない人の解決方法

ホテルスタッフを志した人に向いてない人っていないと思います。

人を楽しませて、喜んでもらうことがやりがいって思って志したはずですから。

あつし

向いてないと思わせてくる、、、クレーマーや上司、、

そんな存在が不安な気持ちに拍車をかけます。

あつし

くそーー!!

そうです、こんな風に怒って見返す気で思えれば大丈夫です。

解決方法2つあります!

  • 本当に苦痛、精神的にかなり追い込まれている時は、異動希望もしくは転職する。
  • ちょっと不安、もしかして向いてなかったかも?の時は、スキルアップの学習する。

前者の場合ですけど、苦痛で耐えられないって時。

それはね、仕方ないです。

悩んで悩んで、その状態になっていると思うので、前向きなステップと思って、自分の力を活かせる場所に身を置くべきです。

異動希望を出すか、通らないようであれば転職も視野に入れるべきです。

だけど、後者の場合。

上司とかお客様に怒られたりして、嫌なことがあったがために不安になって後ろ向きになってしまっている場合。

これは解決策は、スキルアップしかないです。

あつし

スキルアップして見返すぞー!

はい。

落ち込んでいても、自分の力はつきません。

次同じことがあったらまた怒られるだけです。

例えばね、お客様から「これが本気のサービスか!!??」みたいなことで怒られたとするじゃないですか?

あつし

(僕の実体験ですが、、)

それってね、お客様の気分でもあるんですけど、結局はお客様が満足していないんですよ。

料理の味なのか、提供方法なのか、ワインのオススメの仕方なのか、接客スキルが足りないのか、原因は様々だと思いますが。

接客スキル不足なんですよね。

、、、(人手不足って場合もありますが。)

でもね、接客スキル不足で満足していないこともありますから。

自分でできることを磨いていくべきです。

お出迎え方法はああした方が良かったとか、ワインのオススメが足りなかったとか。やれることはあります。

それと、上司から怒られ過ぎて「自分、向いてない?」って後ろ向きに思ってしまう時。

結論はひとつだけです。

上司よりも仕事ができるようになりましょう。

とても高い壁かもしれませんが、近づいていくことです。

、、、、まぁ、気分屋で言ってることが無茶苦茶な上司も時にはいるかもしれませんが、、、

そんな時はご機嫌伺ったりしながらですね。

あつし

さすが!ありがとうございます!

っていう会話を増やしてですね。

ただ、あなたがやることは1つです。

スキルアップ。

接客、ワイン、料理、あとは経営。

上司も自分の考えを分かってくれる人は可愛いものです。

そうなると楽しくなってくるはずです。

経営のことは、こちらで学んでください↓↓

次世代起業 時短起業 セミナー

こんなこと言ってますけど、僕も沢山失敗してきました。

もうほんと、あるあるの失敗を沢山、、、

こちらに書いてますの良ければどうぞ↓↓

失敗 ミス ホテルマン あるあるすぎる大失敗

では、最後まで読んでいただきありがとうございます。

また会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。