>>在宅ワークで稼げるようになった無料動画はこちらから

接客業の大変さ。変な客?との出会い!独特のクセを持つゲスト達

あつし

こんにちは!あつしです>>プロフィールはこちら

僕は、現役ホテルマンで10年以上料飲部(レストラン)で勤務しています。

マネージャーをさせてもらったり、バーテンダーのカクテル全国大会に出場させてもらったりしました。

カクテル大会 カクテル
あつし

ありがとうございます~

はい、それで10年以上も接客業をしていますから、大変さも十分に心得ています。

、、、そうでしょ?

一番大変なこと、、変な客との出会いでしょ?

分かってますよー。

僕もすごい経験してきていますので、共感できますよ。

そんな、変な客?ちょっと変わったクセを持つ、”愛すべき”ゲスト達を紹介していきます。

目次
  • マティーニとジントニックとディープキス
  • お金足りません、、、グスン
  • コラッ!まだや!並べ!
  • ブレない教授
  • さて、今日は何を食べさせてくれるんですか?
  • よしっ!よしっ!、、、生ビールください!
  • まとめ

マティーニとジントニックとディープキス

マティーニ、ジントニック、ディープキス。

カクテルの名前です。

あつし

あぁ、、、3つ目は違うかった!

3つ目は、ただのディープキスです。

あのね、ホテルにバーあるじゃないですか?

なかなか敷居が高いというか、あんまりフラっと行くところではないじゃないですか。

はい、やっぱりそういうイメージありますし、

実際に来店されるのは、社長、会長、オーナーと呼ばれるような方ばかりです。

そんな方がプライベートの遊び場として、ホテルのバーに来られるんですね。

親しくしてくれる方もいますし、そうでない方もいます。

あつし

、、、何してんだよ。

って思う方もいてですね。。。

そう、カウンターとかテーブルで、ディープキスしてるんです。

もちろん他のお客様やスタッフが近くにいない時ですけど。

それでね、スタッフの立ち位置って2パターンあるんですよ。

お客様からも見える位置と、お客様からは見えないけどこっちからは見えてる位置の2パターンです。

問題は、後者の時です。

お客様、油断してますから。

あつし

わっ!またやってる、、、こっちが気まずい、、、

ブッチュー!ってやってます。

まぁ、お年もそこそこで、もう閉店ギリギリで来られてね。

女性がマティーニっていうかなりアルコールの高いお酒を頼むんです。

もう確信犯ですよ。

ディープしに来てますよ。

あつし

ホテル行ったらいいじゃん!

って思いません?

もうだって、目的が決まってますもん。

と思ったのと同時に、すぐ気づきます。

あつし

あっ、ここホテルか~

世にも奇妙な物語です。

足りません、、、グスン

変というか、ビックリしたという話です。

10年以上勤務していて、1回だけですけど。

お会計でお金が足りなくなっちゃたお客様がいました、女性の方なんですけどね。

お1人でバーに来店されてたんです。

時間も遅めだったので、2件目か3件目くらいだったんですかね。

あつし

いらっしゃいませ~

、、、はい。

、、、小1時間ほどでしょうか。

カクテルを数杯飲んで、席を立ちました。

さて、お支払いです。

僕は違うお客様の接客をしていたので、後輩がお支払いを頂戴してたんですね。

うちには、会員カードがあって事前にチャージできるシステムになってるんですね。

この方もそれを持っていて、恐らくカードにお金が入っているものだと思ってたんですね。

それで、少し足りなかったみたいなんですね。

そしたら、後輩がね、「ちょっと残高が足りません。」って言うと。

「、、、グスン、、、グスン、、、」

って。

それに気づいた僕も違うところから駆けつけて、

あつし

、、、あれっ?、、、どしたんですか?

「グスン、、、グスン、、、」って泣いちゃってて。

あつし

お、お、、お客様?

ってまだ、僕、状況理解してません、今ここに来たばかりですから。

後輩もね、なんか理解できてなくて慌てちゃって、、

「へ、、あのッ、、、はッ、、、、あ、、」

とか言って会話になりませんで。

でも、グスングスン言ってますから。

あつし

もしかして、○○(←後輩)!なにかしたんか!

って言っても、「へ、、あのッ、、、はッ、、、、あ、、」とか言って、鼻息荒いだけなんでわかんないんです。

「お支払い分が少し足りないようで。」って言ってくれればすぐ分かるのに

「へ、、あのッ、、、はッ、、、、あ、、」しか言わないから、分かりません。

そしたらお客様が口を開いてくれて、、

「、、、足りないんです。お金が。」

あつし

あっ!そうでしたかー^^

一安心です。てっきり後輩がとんでもないことを、やっちゃったと思ってましたから。

あつし

とりあえず、払える分だけ頂戴します。

はい、まぁ金額も6千円くらいでしたかね。

何度か来てくれたことある方だったので、建て替えておきました。

ちゃんと後日持ってきてくれました。

コラッ!まだや!並べ!

朝食会場で勤務していた時の話です。

あつし

あぁ、空が暗い時間の出勤、、憂鬱。

はい。

ホテルの朝食ビュッフェって楽しいじゃないですか。

地元の方で、朝食ビュッフェを週末の楽しみに来てくれる方もいるんですね。

そうです、毎週土日必ず来てくれる、眼鏡をかけたおじちゃんがいるんです。

それでね、インバウンドゲストがかなり沢山来日されてたじゃないですか。

インバウンドゲストが沢山の時って、朝食会場はえげつないことになるんですよ。

もうほんとごった返しますし、ゆっくり食事できないです。

、、、はい、それで朝食は7時オープンなんですね。

それで、その眼鏡の男性はいつも6時30分くらいから来て、並んでるんですよ。

あつし

、、、お、おはようございます!(早すぎ、、、)

とまぁ、元気に挨拶してからあと30分準備を進めるわけなんです。

その方、1人で来店されるんですね。

だから30分ずっと、準備してるとこを見てくるんです。

それはそれはやりにくいですよ。

たまに、「おーい!こっちトングついてないよー!」とか指示出してきますから。

もう、気持ちは、半分従業員なんでしょうね。

あつし

はーい

って言いながらね。

、、、ん?

あぁ、インバウンドゲストが沢山来てた時の話ですね。

そう、インバウンドゲストね。

インバウンドゲストって、何しに日本に来てるかっていうと、旅行であり観光であり買い物なんですよね。

ゆっくり滞在ってのはめずらしいんです。

だから、だいたい全員が朝早いんです。

こちらも同じように6時30分くらいから、朝食会場のまわりをうろちょろしだすわけです。

はい、そこにはバタバタと準備をするホテルマンと、順番に並びながら指示を出すおじちゃんと、文字の読めないインバウンドゲストです。

何が起こるかは一目瞭然です。

インバウンドゲストがオープン時間を勘違いして会場に入ってくるんです、おじちゃんの前を横切って。

だって、ホテルマンに指示出してますから。

もうそっち側(ホテルマン側)と思うでしょ。

どうです?

ホテルに行って、準備をしているホテルマンに対して

「こっちトングないよー!あっちはあれー!」とか言ってる人、こっち側(お客さん側)と思います?

だから、インバウンドゲスト達も勘違いするんです。

スタッフと思ってる人の後ろになんか並びませんから。

追い越して、会場に入ろうとするわけです。

そしたらね、そのおじちゃんが

「コラッ!まだや!並べ!」ってバリバリ日本語で注意するんです。

もう、インバウンドゲスト達、「What’s?!」って感じです。

あつし

、、、ですよね、いや、気持ちは分かります、、

と思ってると、すぐ理解してくれて、順番に並びなおしてくれます。

待ちに待った7時オープンとともに、おじちゃんのお皿には、朝1番作り立ての目玉焼きが6個のってます。

あつし

たまご取りすぎ!

心の声です。

ブレない教授

ホテルってリピーターのお客様が沢山います。

365日中、250日くらい来店される方がいまして。。。

活け花協会の教授(おじいちゃん)です。

しかも、いつも食べるものが決まっています。

テーブル席でフレンチを召し上がるんですが。

スープ、和牛フィレ50g、カボチャの細切れソテー、バゲット中身の柔らかいところだけ、イチゴジャム、フレッシュオレンジジュースです。

これ以外食べません。いつ来てもこれです。

昼でも、夕方でも、夜でもこれしか食べません。

あつし

いらっしゃいませ!いつものですね!

とも言いません。

確認する必要がないんですから。

「いつものですね?」って聞いたら、教授に笑われるほどです。

『はは、えっ?それ以外食べませんけど?』って心の声が聞こえます。

だから、来店されたら勝手に調理しだします。

全然ややこしいオーダーではないので、楽ですよ。

ただ1つだけ厄介なことがあって、いつ来るか分からないってことです。

ヨボヨボ歩きながら、ふらーっと来るんですよ。

たまに、知らない間に勝手に座ってることもありました。

あつし

あれ、わ!、、、教授いてる!

ビックリですよね。

いつの間にか、さっきまでの風景に、ちょいとオハゲさんのおじいちゃんの後頭部が増えていたら。

アハ体験です。

、、、(笑)

でね、ある日のことなんですけど。

団体様のご利用で満席だったんですよ。

それはたまにあるんです。

そんな時に教授が来たら、申し訳ないですけど、お断りするんですね。

はい、それでいつもは理解してお帰りになるんですけど、、、

この日は、なんだか帰りたくなさそうなんです。

おじいちゃんが、ヨボヨボしながら、帰ろうとしないんです。

「、、、どこでもええ。」とか言い出して。

あつし

、、、いや、でも、満席なんです💦

って言っても、「どこでもええ。」としか言わないんで。

仕方ないので、少し離れた鉄板焼きのカウンター席にご案内しました。

鉄板焼きのカウンター席も、他にもお客様がいましたが仕方ないです。

あつし

教授、、こちらでいいですか?

「、、ぁぁぁあ、ぇぇえ」って、まぁOKなんでしょう。

鉄板焼きですから、もちろん他のお客様は、目の前の鉄板で焼いた料理を食べています。

オマール海老、車海老、アワビ、和牛などなど楽しんでます。

、、、だけど教授はいつものです。

いつものお皿に盛りつけたフレンチを食べてます。

はい、それで食べ終えたら席を立つでしょ?

そしたらね、周りのお客様の頭の上に「?」がついてるんです。

『、、、えっ?あれ、帰るの?、、、あのおじいちゃん、鉄板で焼いたもの何も食べてなくない?』

って。

しかも、よぼよぼのおじいちゃんなんで、僕らが鉄板焼きとだまして普通にお皿で食べさした、みたいな雰囲気で、、、、もう!

あつし

色々と事情があるんですー、、、

おじいちゃん、ご機嫌で帰っていきました。

歯と髭に食べカスいっぱいつけて。

さて、今日は何を食べさせてくれるんですか?

なんかね、すごい不思議な体験をしました。

短い話です。

女性のお客様が1名様でご来店しました。

予約ではなく、ウォークインですね。

要するに、「予約してないんですけど、空いてますか?」って来るお客様です。

はい、、もちろん席は空いていたんでご案内したんですね。

見たことない方だったので、恐らく初めての来店だと思います。

あつし

こちらどうぞ~

座っていただきました。

座ったと思ったらいきなり、「さて、今日は何を食べさせてくれるんですか?」って言うんです。

あつし

あれ?、、、えっと、予約だったかな、、、、あれ。

そうです。予約じゃなくて、ウォークインです。

だからメニューなんて決まってません。

普通は、座ってメニューを見て、注文です。

なのに、座っていきなりこれです。

、、、、まぁ!

百歩譲って、リピーターさんが、いつも頼むコースの金額が決まっていて、月替わりだから内容を聞く感じだったら理解できますけど。

はじめてなんですよ?

あつし

それ!リピーターさんが言うセリフー!

と、心の中でツッコミを入れて、メニューをお渡ししました。

よしっ!よしっ!、、、生ビールください!

もっと短いです。

60代くらいのおっちゃんです。

入店して、席まで案内している時に、

「よしッ!、、、よしッ!、、、」って独り言を言います。

それで、席まであと半分くらいの距離で、

「生ビールをお願いします!」って

あつし

はやいはやい!注文がはやい!

、、、でも、いつもなんです。

だからこのおっちゃんが来て案内している時、スタッフみんなニヤニヤしてます。

そして「生ビールをお願いします!」って聞けたら

あつし

今日も言った!

ってね。

きっといいことあるよ。

まとめ

はぁ、書きながら思い出して楽しかったです。

あぁ、ごめんなさい。

最後までありがとうございました。

こちらは、第1弾の”愛すべき”変な客たち書いてますので、良ければどうぞ↓↓

変わったお客様 変な客 ホテルマンの暴露

ホテルマンが勤務外で月10万稼いだ方法

10年以上ホテルマンとして勤務していた僕が、ホテルの勤務体系への”不満”や将来への”不安”を感じ副業に挑戦。

最初は、プログラミングや動画編集にも挑戦したが、失敗。稼げたお金は「0円」。

だけど、そもそも人から仕事をもらっている延長線では、本質的に何も変わらないことに気づく。たまたま知人が経営者向けのセミナー動画を紹介してくれ、ビジネスの勉強を始める。

月260時間勤務の中でも時間を見つけて必死に基本、基礎を学び、そして実践として物販に取り組み、専門のコンサルタントに教えてもらい、月10万を連続して達成することに成功。

稼げたことで感じたことは、精神的にすごく楽になったということ。ホテルマン以外でも、お金を稼げているという事実が、選択肢を広めています。

多忙なホテルマンの仕事をしながら、月10万を連続して稼いだ方法や具体的なルーティンなどを書いていますので、下の画像をクリックしてぜひご覧ください↓

月10万連続して稼いだ方法 セミナー会場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。